寄付のお願いです。

私が所属しているハッピーラブズという、ラブラドールを主体とした保護犬の救済活動ボランティアが今資金難になっています。

資金がないため、センターに収容されている犬も引き出せない状況です。
(引き出した犬は、健康診断、マイクロチップ装着、各予防接種、狂犬病予防接種、避妊去勢手術、治療が必要な犬には適切な治療を施して新しい里親さんを探していきます。)

今現在保護している犬にも充分なケアが出来るかどうかという状況です。
(ハピラブでは引き出しに制限を持っていないません。
どんな子でも平等に生きる機会を持っていると考えます。
なのでシニア犬や病気持ちの子でも助けたいのです。)

全て資金があれば解決する問題です。
一頭当たり、おおよそ十万円が集められれば助けられます。

今ハピラブは過渡期かも知れません。


皆さんの温かいご支援をお待ちしております。
どうぞ宜しくお願いします。

詳しくはハッピーラブズのホームページまで・・・。
[PR]
# by i13kei | 2010-07-29 17:12 | happy labs | Comments(2)

先日東京都動物愛護センターの見学会に参加させていただきました。

愛護センターとはまず、狂犬病などの発生を防ぎ、人間の安全の為に作られた施設であると言うことです。
捨て犬などを保護したり、譲渡したり、という業務はその次なのです。(誤解があるといけないので詳細はご自身でご確認下さい)

犬を処分に持ち込む理由として5割が飼い主自身が高齢になり飼い切れないという事、3割が失業や引越しなどのやむをえない事情という事でした。

理由は持ち込んだ人が後から作れるのでどこまでが真実かは不明としても、実際犬を見てみると、マスコミなどから得た自分の認識との違いにギャップを感じました。

小型犬は見事にトリミングされていて、高価な首輪をつけていたり、どこかのペットショップかと間違うような状態です。
私たちが部屋に入ると、誰一匹吠えることなくし~んとしてただジ~~~って顔を見るのです。
哀愁の顔でなく、ここから出してと訴えるわけでもなく、ただ、飼い主はこの中にいるのかを探しているように感じました。
自分がどうしてここにいるのかこの先どうなるのか、きっと分かっていないのだと思います。(当たり前ですが)

大型犬の部屋には今ハピラブでもお預かり募集の黒ラブ2頭を含め、10頭ぐらい、一頭ずつ小部屋に分かれている所にいます。皆純血種で中にはものすごく貴重な犬種もいて、きっとミーハーな飼い主に飼われて思った以上に手間がかかったり、面倒だったり、勝手な理由でここに辿り着いたのだと私は思います。

どちらもクーラーが効いていていますが、布団一つあるわけでなく(多分伝染病防止のためだと思います)コンクリートやサークルにそのまま寝泊りしているようです。

東京都はきっと犬の数も少なく、本所(世田谷)は最終処分場でもないため、とても恵まれた環境だと思われますが、地方のクーラーもなく、劣悪な環境にいる収容犬は、本当に辛いものだと思います。


最後の質問時間では参加者全員から積極的な質問が飛び交い、最前列にいた女子高校生たちの真剣さに自分の学生の頃は何をしてたのかな、など反省したりと、とてもいい見学会に参加させてもらえたと思いました。

東京都の本所動物愛護センターは月一回、夏休みは毎週見学説明会が開催されると言う事なので、ぜひ皆さんも(お子さんも)参加して、それぞれ感じて欲しいと思います。
[PR]
# by i13kei | 2010-07-23 14:37 | 全体 | Comments(2)

北風と太陽、確かそんな名前の話が昔ありました。

コートを着た男をどのようにして脱がすのか、北風をビュービューどんなに吹くよりも、温かい太陽で照らすだけで簡単にコートを脱いだと言う話です。

ビガをお預かりして、いつもそんな思いを抱いていました。

ビガはいつも人の顔をじっとみて、何かを訴えます。
時には吠える事もありました。

顔をじっと見るときは至近距離でじっと見つめ返すと満足げな顔をします。
吠え出すときにはいつも口がフガフガ言い出すので、さっと立ち上がり、無視をして吠えさせない状況を作ります。
吠え出した時には端っこに追いやり、上から睨みつけるか、仰向けにして真剣に怒ると、余計に興奮する時もありました。


でも何よりビガが心を開くのは、ぎゅ~~~~~っと抱きしめてあげる事なのです。

そうすると眼がやさしくなり、全身を私に身を任せ、緊張していた体も心も私に開いてくれるのです。

ビガのしつけは厳しくする事よりも、時間をかけて愛情を持って優しく接する事で殆ど解決できるような事でした。


今希望者さんのところで、遠慮なく、ビガらしさを発揮しているようですが・・・
この先を決めるのはビガ自身です。
そのうちそれなりに大人しくなって”ここのうちの子になりたい”って決めるのか、それともワガママ放題で帰って来るのか・・・。

私はただ、ここからビガにエールを送る事しか出来ません。
どちらになったとしても、デンと構えてビガの答えを待っています。
[PR]
# by i13kei | 2010-07-23 13:50 | ビガ→スニフ | Comments(0)

いよいよです。
お別れを考えると悲しくなってしまうので、いつも忘れているふりをしますが、やっぱり、寂しいですね。

我が家で約50日、お世話させて頂きました。

とってもかわいいビガです。
いつもぎゅ~~~~っと抱きしめてました。
そうすると、嬉しそうにニコって笑ってくれます。


初めての経験も沢山させてもらいました。
私の顔をいつもじっとみていました。
だから私も沢山ビガを見つめ返しました。
そうすると安心して満足げな顔をするのです。

ビ~、ビ~っていつも呼ぶと、振り返って、そういえばいつも笑っていたね。

ビガにいっぱい幸あれ。

心からそう願います。
[PR]
# by i13kei | 2010-07-20 22:45 | ビガ→スニフ | Comments(3)

幸せへの足音

a0166629_17303466.jpg

ビガ、7月21日よりトライアル(お試し)に入る事になりました。
とってもいい顔してるんですよ~最近。
a0166629_17341212.jpg

体をピタ~ってくっつけて甘え上手だし。
a0166629_17362593.jpg

だけど、たまにワガママになります。
遊んで欲しい時など、無理やり眼を合わせてきて、吠えます。
そんな時は眼を絶対に合わせないで無視します。
諦めた頃、いっぱいなぜてあげてます。
幸せにな~れ!ビガ。
[PR]
# by i13kei | 2010-07-16 17:39 | ビガ→スニフ | Comments(3)

ハピラブオフ会in西湖

a0166629_16424553.jpg

先日、ハピラブメンバー&ご家族計20人位とワンコ15匹位のオフ会が西湖でありました。
私はあてずっぽで、うろ覚えの名前をあてにキャンプ場へ行きましたが案の定、湖の正反対の犬一匹いないようなキャンプ場で炎天下、ひたすらメンバーを探し続けていました・・・。
結局辿り着いたのはお昼を終わった午後で、見事にテントも張りあがっていました。(涙)

何の役にも立たず、犬の体温を下げる為?湖でひと泳ぎ。
ひたすらみんな泳ぐ?(つかる?)
ちなみに写真は撮れませんでした・・・。

a0166629_16572974.jpg

ビガは希望者さんにお預けして?ご主人の腰に巻かれ、おいしい餃子(メンバーさんの手作り!!)を焼いて下さいました。
時々ビガが”おい、いつまで俺をほっとくんだ!”ビームを私に送って吠えてましたが・・・。(笑)

奥様にも抱きつかれ、ビガ、まんざらでもないようです。
相変わらず、ミィちゃんとも相性が良いようで、後、一週間ぐらいでお婿入り・・・じゃなかった、お試し入りの予定です。

ご主人とも奥様とも私個人はとても親近感を感じ、(酔っ払った感じも似ていたのでさらに)、長くビガを見守っていけるな・・・と思っています。

犬のお世話で殆ど写真は撮れなかったので・・・帰ってからの一枚!
a0166629_177549.jpg


それからひなが、メンバーさんの犬に襲い掛かったり、かみついたり・・・なので自分の犬がこんな感じでお預かりをしていいのかと、少々考えています。
(ビガとは大丈夫なんですよね・・・)
[PR]
# by i13kei | 2010-07-14 17:11 | happy labs | Comments(4)

今日はさくらの4回目の月命日。
a0166629_174828.jpg

真っ白な花束を、ひなとビガの2頭自転車引きで買いに出かけました。
5歳のひなよりビガは体力があるので、元飼い主がセンターに持ち込んだ時、9歳といったそうですがあてにならないな~と思います。
誰もそれを証明できないと思いますし、マイクロチップはこういう時のためにも必要だと思います。
日本の犬全部がマイクロチップの義務化になれば、不幸なワンもかなり減っていくと思います。

a0166629_1163316.jpg

これは掲載のお手伝いをしたダン君です。
今がどれだけ幸せか、本当に最高の笑顔です。
本当にいいご縁がありました。

a0166629_1183659.jpg

私の初お預かりのこまちちゃん。
まるで娘さんを迎え入れたように新しいおうちでかわいがってもらって、幸せな犬生歩んでます。
a0166629_127383.jpg

この写真が私の一番好きなこまちちゃんの写真です。(すいらんのふれあい会で撮ってもらいました。)

a0166629_1203928.jpg

2番目にお預かりしたくぅはマリアに生まれ変わって??こんなにかわいいお嬢さんになりました。
とてもお似合いのおうちに行ったんだよね。
まるで私には流れ星のようでした。

a0166629_1333219.jpg

水遊びをするひなと3番目に来たあんこ(元ペギー)。
お預かりをしている時は北極グマvsヒグマの争いみたいで私はドキドキでしたが、あんこがひなの心を柔らかくしてくれました。
a0166629_1375030.jpg

雨降って地固まるです。

a0166629_1443790.jpg

この写真はドックランに行ったときのビガ。
あと2週間ぐらいたったらお試しに入る予定です。
よく、夢の中で走ったり、口をモゴモゴ(食べてるのかな?)しています。

a0166629_148358.jpg

それから我が家に来て10年、皆の仲裁役のちぃ。
怒った事が一度もありません。
いっぱい、いっぱい、長生きしてね。


今私は少々へこんでます。
だから犬からいっぱい元気をもらおうと思って。

保護犬のお預かりをして一番嬉しいのは犬の眼がキラキラ私に輝いて見えることですね。
だからそれだけで充分なのかも知れません。
[PR]
# by i13kei | 2010-07-08 02:00 | happy labs | Comments(6)

a0166629_14494044.jpg

今我が家では、お預かり犬のビガ(左)がリーダー犬になりつつあります。
我が強いひな(右)が自らビガに寄り添っています。

犬は横一列の”みんな一緒!”よりも、縦社会で、家族の中で自分の順位が何番か、常に意識します。
それが決まるまでは多大なストレスがあり、時には順位が決定するまで血をみるようなケンカもします。

本来、保護犬をお預かりする場合、我が家のような犬の群れの場合、最年長(又は強いリーダーシップを持った犬)か最年少(最下位を望む犬)が一番好ましいと聞きました。

が、そんなに選べる状況でない場合、ひなと体格や年齢など近い場合、少々てこずる事がありました。
でもビガの場合はオスだったこと、自己主張が犬に対してはない事(自ら引き下がる、対人間に対しては自己主張が時々ある)、利口で独立心旺盛である事、各犬が大きなストレスがない事などから自然とリーダーとして我が家の犬に迎えられました。

a0166629_1584868.jpg


ちなみに犬のストレスは頭の皮膚の固さに出てきます。
前のひなのように絶えず、気が張ってたりすると頭が張ります。(人間と一緒)

a0166629_1513354.jpg

ちなみにちぃ(左)はどんな犬の中でも自ら最下位に廻ります。(実家のチワワの中でも)
最下位の犬が不幸せかというとそうではなくて、皆から守ってもらえる為逆に幸せでもあるのです。

そして一番大事なのは、人間が一番強い、リーダーである事です。
[PR]
# by i13kei | 2010-07-03 15:18 | ビガ→スニフ | Comments(9)

a0166629_0383088.jpg

ビガが我が家に来て3週間が過ぎました。
最初は人間の前では寝顔を見せませんでしたが、今ではヘソ天で寝ています。

狭いLDKで一日先住犬とフリーでお留守番をしていますが、一度も悪さをしていません。
(一度忘れ物に気づいて途中で引き返したら、何もないテーブルの上を物色してましたが)

背の高いビガが立ち上がれば、届くところに物はありますが、取り出す事はありません。
それよりもボールや、おもちゃが大好きです。
先住犬がひっぱりっこをして遊べば、隙をみてそれを取ります。
が、また取られたり、引っ張り合ったり、自分から遊びを誘うわけではないですが、調度いい距離を保ちつつ、仲間にちゃっかり入っています。

感心するのはみんな散らばって寝ればいいのに、自然と固まって寝る事です。
集団で敵から身を守る昔の習性が残っているんでしょうか?

それともう一つ感心するのは、教えた訳ではないのにビガが先住犬に譲る事です。

散歩後にお水を飲むのも、足を拭くのも、ご飯もガツガツせず、一歩自然に下がって待っています。
それも嫌な顔をせず、笑ってごく自然に楽しそうにです。
えらいな~って思います。

後、毎回お散歩後に狭いお風呂で3匹足を洗うのに、ビガはお水が大好きで寝そべって泳ぐように前足を動かします。
そうするとひなが”じゃまだ!”ってひと吠えします。
そうすると瞬時に立ち上がって、しゃんとします。
毎回、毎回・・・(笑)


それから一番話しておかないと後悔?する事・・・

ビガは走りがとても優雅で無駄がなく、とっても素敵なんです!
大体ラブって、パタラン、パタランと足をついて、上下に無駄に走る事が多いんですけど、ビガは長い足をうまく使って馬が走る以上に?きれいに走ります。

体力は5歳のひな以上。
走りのきれいさは私が知っているラブラドールでナンバーワンです!!
〈ちぃも昔、走りがきれいだったけど)

もっともビガが100パーセントのラブか分かりませんが、私はほぼラブだと思います。
ちぃもずっとミックスだと思っていたけど、るぱんちゃんとかさりーちゃんとかちぃに似ているラブも出てきたし、ビガも猟犬の血が濃いめの純粋なラブじゃないかな・・・って思っています。

人の顔をいつも見て、指示を待つ様子や、シェパードに似たすっとしたバランスのいい顔、足が長くて、走るのに適した体型、きっと一緒に猟などにいったら、本当にビガの魅力が引き出せるんじゃないかと・・・想像しちゃいます。
でも、愛嬌もありますよ~。

当初心配した吠えも、環境が変わった時以外は殆ど吠えなくなりました。
一日吠えない事もあります。
お客様が家に来たときなど、異常?を察すると、私の心を読んでか、興奮して吠えることもあります。
まあ、すごく心配するほどでは無いようです。


ビガの希望者さんはミィちゃんと今、実習中?で、大きな心でミィちゃんを迎えてくれているようです。
もしかしたら、もうすぐビガともお別れ・・・っと思うととても寂しく、毎度のように切ないですが、幸せを掴む第一歩だから、温かく送り出したいなって。

きっと順番が違ったら、うちの子になっていたかも知れないと本当に毎回思います。

こまちも、くぅも、ぺぎーも、ビガも。
みんなみんな、本当にイイコです。

今日のきれいな夕日のように、ビガも幸せ掴んでね。
[PR]
# by i13kei | 2010-06-24 01:22 | ビガ→スニフ | Comments(11)

色んな幸せ

a0166629_170650.jpg

今朝、突然ですがハピラブメンバーさんからさくらへ花束が届きました・・・(涙)
かわいいオレンジのさくらにぴったりのお花!
嬉しいですね・・・。こういうのって幸せだなって思います。

だからさくらに、じろー君、よくなるようによろしくねって、頼んで、
エス君もるぱん君も、みんなみんなよろしくねって。
(欲張りです。)

日本中の犬を助けられないなら、せめて私の手の届く犬は幸せになって欲しい・・・。

ちなみに左の赤いカップのブリザードフラワーもメンバーの方から頂きました!
3つによりそっているかわいいお花が、さくらとちぃとひなに思えてって。(涙)

私にとっての3匹は永遠の3匹の子豚なんです・・・。


a0166629_178444.jpg

ビガ(左)とちぃ(右)はちょっと似ています。
姉と弟のようです。
ビガは名古屋(兵庫経由)から来て、ちぃは沖縄から来ました。
2匹とも保護犬ですが、そんなの関係なく、と~~~ってもかわいいです。
ごくごく普通の犬です。
10万円以上出してペットショップなどから犬を飼うんじゃなくて、ぜひぜひ、こんな子からも里親になって下さい。(ちぃはうちの子、ビガはトライアル待ちですけど)
ワンを助けているつもりが、自分が沢山助けられます。
自分の価値観が覆されます。
大切なものが何なのか、見えないものが見えてきます。


a0166629_1717426.jpg

ビガはゲージが好きじゃありません。
でも、こんな素敵な笑顔を見せてくれます。
a0166629_1720111.jpg

実家のあんことも仲良し。
でもオスのチワワとはまだダメです。
オス同士も相性があるみたいです・・・。
a0166629_17224636.jpg

こんな顔で私の言葉を必死で理解しようとしています。
a0166629_17245353.jpg

突然、こんなワンだらけの中に連れてこられても、文句を言うわけでもなく、全てを受け入れてくれるビガ、
幸せになろうね。
[PR]
# by i13kei | 2010-06-20 17:31 | ビガ→スニフ | Comments(1)