各国の犬の存在意味

先日、保護犬救助活動ボランティア、ハッピーラブズの先輩から衝撃的な話を聞きました。
一度私はその話の詳細を確認しないまま署名活動をお願いしたのですが、その後、また違う先輩からその話は4年前に解決したという事、話の出どこがシーシェパードであることを教えて頂きました。

事実を確認せず、皆さんにお伝えした事をお詫びしたいと思います。
下記に簡単に内容をまとめましたのでぜひ目を通して頂けたら幸いです。

☆心臓や衝撃に弱い方などは読まないで下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4年前に解決した話で、現在は行われていないという話ですが、フランスの植民地のインド洋に浮かぶユリニオン島で以前、生きた犬を使ったサメ漁法が行われていました。
ただ、伝統的な漁法ということもあります。
我々日本人も他国から見れば考えられない食文化などもありますので、一概に一方を悪いとは言えない、非常に難しい問題だと思います。

ただ、この問題は英国の王立動物虐待防止協会(RSPCA)が 、フランス政府にこの漁法を禁止するよう働きかけ現在は行われていないという事です。

詳しくはコメント内のサイトで確認してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


もちろん、生きた犬をサメの餌にする事は許せない事です。
だけどそのサメを(ふかひれを含む)我々先進国の人も食べていたとしたら、私達にも罪はあると思います。

憶測ですがフランス人がバカンスを終わって犬を捨てていき、その野生化した犬を使い、現地の人が漁をしていたとしたらフランス人の感覚も理解できません。
(日本でも軽井沢などで夏が終わると捨て犬が増えると聞きますのでその感覚も理解出来ません。)

国によって食文化も違いますし、もちろん一方を非難する事は出来ません。
人とのコミュニケーションが図れる動物は殺してはいけいというならば、どこまでがよくて何がいけないのか私にはわかりません。(牛、馬、イルカなど)
私は牛や豚など食べますし、もしかしたら回転寿司などで冒頭のサメの何か(名前を変えたもの)を食べているかもしれません。

冒頭の国では長い歴史で生きていくためにもしかしたら必要な手段だったのかも知れません。

ただ、後進国の犠牲の上、先進国が色々な意味で恩恵を受けているのは間違いないと思います。
自分達はその事を忘れてはいけないと思うし、過剰な贅沢は良くないと私は思います。
[PR]
# by i13kei | 2010-04-04 02:05 | happy labs | Comments(2)

けりおんさんへ

けりおんさんはハッピーラブズの先輩です。

一度お会いしたはずなのですが、私は初めてのイベント参加で皆さんの顔と名前が一致しないまま終わってしまいました。
けれどけりおんさんは、初めてのお預かり犬のこまちのプロフィール変更をして頂き、そのたびに喜んでくださったり、慰めてくださったりしてくれました。
亡きさくらの重病を聞いては、腎臓を温めてほぐしてあげるといいなど、ご自身の体験から来る治療方法を教えてくださいました。

そしてさくらが亡くなって、温かいメッセージと英語の詩を送って下さいました。
私はゆっくりその詩を辞書片手に訳して、贅沢な時間を楽しみますね、と返信しました。

その2週間後突然、けりおんさんは旅立っていってしまいました。
さくらと同じ虹の向こうに・・・。


けりおんさんにお線香をあげて
さくらに道案内してあげてって頼みました。

けりおんさんにも2匹の元保護犬の新とジンジャー君が居ます。
二人から、さくらにもいっぱいエールを送って頂きました。

何気ない一言でけりおんさんは優しい方だとわかっていました。
いつかもう一度お会いできると思っていたのに・・・。


けりおんさんからさくらが亡くなったときに頂いたメッセージを記します。
天国でさくらや沢山のワンちゃんと軽くなった体で大笑いしながら遊んでいると思います。

けりおんさんどうぞゆっくり休んで、そして私達ハッピーラブズを温かく見守って下さい。
合掌。

~~~~~~~~~~
3匹の子豚さん、

さくらちゃん、静かに旅立っていったのですね。
3匹の子豚さんご家族に、本当に大切にされて
とってもとっても幸せな犬生を
さくらちゃんは生きたと思います。

カートでお散歩に行ったときのさくらちゃんの笑顔
本当に嬉しそうでしたもの。

私も3年前にゴールデンの男の子を12歳で亡くしました。
やはり亡くなる3ヶ月位前から徐々に歩けなくなって、
亡くなる数日前からは何も食べてくれなくなりました。
でも亡くなる2日前に家族全員でいつもお散歩に行っていた公園に
運んでいってあげたら、笑顔で一人で立ったんです。
その時にもっといっぱい連れて行ってあげれば良かったと
心から後悔しました。

3匹の子豚さんご家族は、本当に良く勉強されて
できる事は全てしてあげたのだと思います。

きっと、さくらちゃんがいなくなって
本当の辛さや寂しさはこれから大きくなっていくと思いますが
どうかお体ご自愛されて下さいね。

この詩は私が大好きな詩です。
亡くなった子は見えなくても、いつもそばにいてくれます。
さくらちゃんも重い体を脱ぎ捨てて、
身軽になった体で、いつも3匹の子豚さんを見守ってくれていると思いますよ。

And if I go while you're still here...

Know that I still live on,
Vibrating to a different measure
behind a thin veil you cannot see through.

You will not see me,
so you must have faith.

I wait the time when we can soar together again,
both aware of each other.

Until then, live your life to the fullest.
And when you need me,
just whisper my name in your heart,
....I will be there.

by Colleen Hitchcock

お返事は結構です。
今は3匹の子豚さんのお体と心をゆっくりと休ませてあげて下さいね。

さくらちゃんのご冥福を心からお祈りしております。


合掌。

~~~~~~~~~~~~~
[PR]
# by i13kei | 2010-04-02 17:41 | happy labs | Comments(2)

開花宣言と新たな旅たち

亡きさくらと一緒に見るはずだった神田川の桜の花をちぃとひなとくぅと見ています。
a0166629_0552432.jpg

感想は・・・言葉になりません。

思い切って、さくらと最後によく行った玉川上水も散歩しました。
a0166629_0594272.jpg

当たり前だけどさくらはさくらであって、どの犬とも違います。
みんなそれぞれ一生懸命生きています。

a0166629_134466.jpg

今日、くぅがお嫁入り?しました。きっと次あったときはかわいいお嬢さんになっていると思います。

さくらが居なくなった穴をくぅがなんとなく埋めてくれたけど、今は心に2つ穴が開いた感じです。
a0166629_181773.jpg

茶目っ気たっぷりでまったく物怖じせず、明るいくぅちゃん、居なくなると家がシンとしています。

a0166629_1125197.jpg

今は全く先が見えませんが、まず、2匹の心のケアをしてそれからひなを再教育していきます。
新たな犬を受け入れないひなは私との間に問題があると思います。

とにかく前に進む。それが私の好きな言葉です。
a0166629_1223781.jpg

ちなみにくぅちゃんアラセブンの母でも抱っこできる~~^^っとかわいがられていました☆
[PR]
# by i13kei | 2010-04-01 01:24 | くぅ→マリア | Comments(0)

2月25日に保護犬こまちがお嫁入り?して、3月7日に我が家のさくらが虹の橋を渡り、3月31日に保護犬くぅがお試しに行ってしまう。
たった1か月で3匹も我が家から居なくなってしまうなんて・・・。(--;)
でも皆幸せに旅立っていったと良いように考えようっと。

a0166629_19522438.jpg

どこへ行ってもくぅはかわいいとかわいがられ、若いねって言われる。
なのになんで元飼い主はくぅを手放したのだろう?
やむを得ない事情があったとしてなぜセンターに行く前に誰か飼ってくれる人を探さなかったんだろう?
誰か相談する人は居なかったのだろうか?

a0166629_048194.jpg

手入れの行き届いた爪(多分プロに切ってもらっていた?)や、まっすぐ純粋な性格などを見ると、元飼い主にたっぷり愛されていたと思う。
どうしても飼い切れなくなった時のSOSの手段が何かあればくぅは死の瀬戸際をさまよう事はなかったはずだ。

こまちの里親さんに聞いた話だがドイツでは犬を飼うときに税金を払って、飼いきれなくなった犬の保護に使うという。
日本も公共でこのようなシステムがあれば、安易に犬を飼う人が減り、万が一のときは保護シェルターで新たな里親を待つ犬と新たに犬を飼いたい人がそこで出会い、不幸な犬が絶対減ると思う。

今民主党が動物の保護および愛護に関する法律をよりよくしていくようだが、どこまで踏み込んでいくのか期待したい。

a0166629_20204133.jpg

くぅ、ひなとちぃとも仲良くなったよ☆
[PR]
# by i13kei | 2010-03-29 20:27 | くぅ→マリア | Comments(0)

さくらごめんね。

さくらごめんね。

さくらが居ない桜の開花を素直に喜べないよ。
さくらが居ないなら春なんてずっと来なければいいのに。
こんなに心が狭くてごめんね。

さくら、そっちはどうですか?
[PR]
# by i13kei | 2010-03-26 00:58 | さくら | Comments(0)

a0166629_19494876.jpg
くぅが来ました。我が家でお預かりをして里親を探していきます。
a0166629_19245798.jpg

とってもかわいいコです。

名前は最初クマ子しか思いつかず、その後、くろみ、くろえ、・・・ときてくぅになりました。

熊谷センターに飼い主がもう一匹(アーサー君)と一緒に持ち込まれました。

黒のゴールデンレトリバーみたいで顔はラブラドールで、全体にはフラッドコーテッドレトリバーみたいな感じです。
アンダーコートはふわふわで、耳はチョウチョみたいで足はクマみたいに太く見えます。(実際は細いのですが毛が長いので)とにかくかわいい子です。

a0166629_19324288.jpg

ひなにガウガウやられても怯まず、ケロッとしていて中々の大物です。

初日は緊張のせいか水を沢山飲んで、粗相しましたが丸3日たって殆どトイレの失敗はなくとってもエライです。たまにはずしますが、きっとちぃとひなに遠慮しているんだと思います。
a0166629_19364612.jpg

肉球はプニョプニョでおそらく全く散歩に行っていなかったと思います。
散歩に出ると物珍しいようでルンルンです。
少し引っ張りがありますが徐々に、なれたら訓練していこうと思います。

健康状態に以上はなく、フィラリアにもかかっておらず、性格も非常にいいコです。

いいご縁に繋がりますように♪
a0166629_19364612.jpg

[PR]
# by i13kei | 2010-03-25 19:50 | くぅ→マリア | Comments(4)

さくらの癌が発覚した去年の9月に、さくらの心の声を聞いてくださったしいちゃんさんから手紙が届きました。
さくらが虹の橋を渡ってから、しいちゃんさんを通して私にメッセージをくれました。

以下メッセージです。

”いっぱい愛をありがとう。私が病気で天国に行ったと悲しまないで下さい。私はタカちゃん、ケイちゃん、ちぃ、ひなと幸せに生き、寿命で天国にいっただけなんです。
病気になってケイちゃんが苦しんだり悲しんだりするのは心苦しかったけれど、私にやさしくしてくれたり、遊んでくれたりするのは、ちょっぴりくすぐったかったけれど、とても嬉しかったです。いっぱい愛をありがとう。
いつも笑顔でね。”

さくらちゃんはいつもママの様子を眼でおいかけていたんですね。

以上です。

さくらは犬得で沢山の人に愛されました。
そのお陰で私も早く立ち直る事が出来たと思います。
亡くなった後も沢山のお花やお手紙頂いて人間以上です。

今日その手紙の一つで義理のお姉さんから虹の橋のことを聞きました。
私はなぜ虹の橋というのか不思議に思っていたのですが古いインディアンの伝承のお話からきているそうです。第3部まであって Rainbow Bridge で検索すると出てきます。

義母に桜のパッチワークで薄桃色の遺骨を包む袋を作って頂きました。
とても温かくてさくらも私も幸せです。

a0166629_1471645.jpg


なぜかさくらの死を自然に受け入れられます。
一匹の犬としてさくらを尊重し、そして対等に接して来ました。

何年も前に新聞で『愛犬の死を泣かないで受け入れた』という記事を見ました。
私はそんな事ありえないと思いながらも信じて来ました。
信じて来たからこそ冷静な自分にもなれました。
もちろん多少は泣きましたが、泣き虫な私のわりには泣かないほうでした。

a0166629_14195.jpg


あと少し、もしかしたら明日にでも桜が咲き出しそうです。
一番桜をさくらに教えてあげます。
本当に生きているさくらと一緒に桜を見るつもりでした。
まさかこんな風になるとは思っていませんでした。
でもこれでよかったと思います。
[PR]
# by i13kei | 2010-03-21 02:03 | さくら | Comments(2)





ハピラブ先輩ブログからのコピーです。
ぜひ日本のペット産業の隠れた裏側を知っていただきたいです。
以下コピー↓


=緊急のお願いです=




我が家の可愛い子たちピットブル親子のSpaKanPoohちゃん
(ぷうちゃん♀8歳・スパ君♀6歳・かんしゃ♀1歳)のお里である





 [グローリタッズHP]のBBSより



   ↓   ↓   ↓



『3月12日から昨夜まで 私達は北九州に行ってきました。
目的は
先月
北九州直方市にて
数十頭の犬の無許可無登録飼育繁殖販売を
10年繰り返し
行政からの度重なる指導も受けていましたが改善が見られず
近隣に迷惑もかけていたこともあり
今回 警察からの家宅捜索を受けていました。



こちら社)UKCJAPANは警察行政と協力の下 
そこで飼育されている犬達の保護に介入することになりました。
先ずは現場へと足を運びましたが
そこで 目にした飼育実態は かなり衝撃的なものでした
50頭と報道されていますが 実際は60頭を超えていました。
警察 報道の方々もその現実を目の当たりに
あまりにも悲惨な飼育状況の中にいる犬達を見て
言葉も失っておりました。
これまで 犬の世界で関り15年になりますが、、正直
困惑するような惨劇を見てしまいました。



これから
そのワンちゃんたちは
同じ福岡県内の 協力者の提供の場所に一時退避をさせまして
先ずは心身のケアをしていきます。



身体的にも健康診断を受け
精神的な部分でも大きなケアが必要な仔達ばかりですので
少し時間はかかりますが
『生きている喜びを』この仔達に取り戻させたいと頑張っていきます
皆様のご協力ご支援をどうぞ宜しくお願い申し上げます』





その様子がニュースにもとりあげられました。




ドッグレスキュー(犬の保護)






詳細は
下記をご覧ください。



↓  ↓  ↓



[SpaKanPoohアメーバブログ]




[UKC JAPAN ページ]




[[attached(1,left)]]





~SpaKanPoohとうちゃん、かあちゃんより~




「読んで観ていただいたみなさまへ



ありがとうございます。



この記事は転載可能となっておりますので、アメブロともに、可能であれば
転載をお願いしたく、思っております。
もしくは、リンクを貼っていただけたらと思っております。




みなさまの家族として、幸せに暮らしている、可愛い我が子たちのような生活を一日でも
早くできるように。



特別なごちそうや、高価なフードや、設備も我が家にはありません。



ただ、家族としてのぬくもりや、人の温かさ、優しさに触れ、
季節に応じた室温の中、ぐっすり安心して寝ている姿を見ると、同じワンちゃんなのに・・・
っと、心が痛みます。



せめて、少しでも綺麗な環境、そして暖かい毛布にくるまり、人への安心感、暖かさを感じられる
日々が送れるように、節に願うばかりです。



同じ想いで、ネットワークのつながりにて、救える命を限りなく救っていけたらと思います。



どうぞ、よろしくお願いいたします。




板が腐り、床が抜け落ちている隙間で、
産まれたばかりの仔犬を育てるスタッフィーの母犬です。
  ↓  ↓  ↓




[[attached(2,left)]]





そのほかの画像は、
[UKC JAPAN ページ]にて。
[PR]
# by i13kei | 2010-03-20 02:26 | happy labs | Comments(0)

ラブラドールを主体としたレスキューチーム・ハッピーラブズの先輩のブログです。
少しでも救える命が増えますように・・・。
以下コピーです。
~~~~~~~~~~~~~

年度末のせいか、不況のせいか、
愛護センターに持ち込まれるラブの数が激増しております

ハッピーラブズでは、不幸にも飼い主さんを失ったレトリーバー種の保護活動をしていますが、
3月に入ってからこっち、日々増え続ける保護犬たち。
例年、年末と夏休みには数がどっと増えるのですが、
やはりこのシーズンも大変多い時期です。

中でも、地方の保健所やセンターに、飼い主自ら持ち込まれる場合、
その命の猶予は殆どありません。
すぐに預かりさんをみつけて、すぐに引き出さなければ、
あっという間に処分=殺されてしまいます。

しかし、預かりさんの数には限りがあります。
特に、シニアに入ってきている子の場合、
里親希望者さんを見つけるのもなかなか難しいので、
保護期間が長くなり、ベテラン預かりさんの所は満杯状態。

捨てられていくわんこたちは、フィラリア陽性だったり、
腫瘍があったり、酷く痩せていたり、あるいは太っていたり。
お散歩は殆どしたことがないようで肉球はぷにゅぷにゅ、
あるいはブリーダー遺棄らしいおっぱいたるたるの女の子、
毛玉だらけ、皮膚病もあって、虫がいてと病気のオンパレードだったり。

人間を信じられずに攻撃的になったり、
逆に愛情を求めて分離不安だったり。

一頭を保護して、ゆっくり時間をかけて体と心の傷を癒し、
本当の家族を見つけていくためには手間も時間もお金もかかります。

けど、その間にキャパ以上のわんこがドンドン持ち込まれてしまうのです

今も引き出しを待っているわんこが数頭。
この一頭をなんとか!と出すと、翌日にはまた2頭というような状況です。

自分には何が出来るのか、
出来るだけのことはしてあげたいけど、
それぞれ出来ることしか出来ません。

ちょっとでも何か出来ることはないか?と思われた方、
是非ハッピーラブズのHPを見てみて下さい。

皆さんの助けを待っているわんこがたくさんいます。
全部を救うのは無理かもしれない。
けど、この一頭を…という想いが少しずつ広がっていくことを祈っています。


--------------------------------------------------------------------------------

この記事は転載可能です。
皆様のご協力をお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~
それと同じくハピラブメンバーさんの日記から
環境省の犬猫の適正飼養ガイドラインを転載させていただきました。
分かっているようでわからない基本的なことから応用まで幅広く丁寧に書かれています。
ぜひ犬猫を飼っている方御一読下さい。↓

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/
[PR]
# by i13kei | 2010-03-18 19:27 | happy labs | Comments(0)

お預かり再開!

a0166629_0594264.jpg

さくらとの思い出が寄せては引いていく波のように私の心を行ったり来たりしています。
時々胸を締め付けます・・・。
でも上を向いて歩いてね、ってさくらがメッセージを残しました。
桜の開花を一番に教えてねって。
だから私は桜の花を探して上を向いて進むのです。

ハピラブのお預かりは桜の花が散ってからと、何となく決めていました。
それを区切りにしたいと。

でもリトルミィちゃんがきっかけを作ってくれました。

先日リトルミィちゃんの短期お預かりの募集がありました。
私はどうしてもお世話になったミィちゃんのお母さんの役に立ちたいと思っていましたが、住宅事情によりお預かりに手が上げられませんでした。
でもミィちゃんが私を前に進めてくれました。

近々お預かりの再開をします。
埼玉で飼い主の体調不良によるセンター持込み犬です。(2歳の女の子)
a0166629_1113682.jpg

本当はもう一匹(男の子)同じ人から持ち込まれましたが我が家では一頭しか現状では預かれません。
a0166629_113188.jpg

大型の男の子の飼育経験が無いため女の子を希望しました。
お預かりはどんなコでも良かったのですが先住犬のひなとの相性を考え若いコかシニア犬かどちらかにしようと考えていました。
ひながもっと他の犬となれてきたらどんな子でも受け入れようと思っています。

さくらのお線香をいっぱい焚いています。
とてもいい香りで、花いっぱい囲まれたさくらを眺めてます。
写真はその日の気分で入れ替えています。

捨てられなかった不用品をどんどん捨てています。
歯ブラシ、洋服、生活雑貨・・・。
そして本当に必要な大切なものを大事にしていこうと思います。

a0166629_1302110.jpg

こまちも遠くで応援してね。
[PR]
# by i13kei | 2010-03-18 01:33 | happy labs | Comments(4)