去年の年末が迫ったある日、カイル(元くろす)の訃報が届きました。
a0166629_1313011.jpg

6年半前に我が家でお預かりしていた黒ラブの男の子。

その当時のお預かりブログは こちら と こちら

酷いてんかん発作と、心臓病を持ちながら、推定年齢15歳位まで本当によく頑張りました。
パパママさんの手厚いケアで、最後は老衰で旅立ったとの事、
本当に立派な旅立ちだったと、心から思います。

カイル、幸せだったね。優しいパパママと出会えて本当に良かったね。

パパママさん、カイルを可愛がって下さり、本当に有難うございました。


・・・実はカイルには特別な思い入れがありまして(どの仔にもありますが)
カイルは元ハッピーラブズの有志で立ち上げた団体、Lab&Peaceのレスキュー第一号の犬でした。

カイルをレスキューする為に、急遽自分達で団体を作り
”黒いオス”と団体創立日の”9月6日”を合わせて”くろす”っという名前にしたのだと記憶しています。

レスキュー当初、カイルは身も心もボロボロで、不安でいっぱいの中、
健気に一生懸命尻尾を振りすぎたのか、
尻尾の先の骨が折れて今にもちぎれそうでした。

でも、そんな半生を吹き飛ばす位、大きな大きな幸せ掴まえて、
とても良い里親さんと巡り会えて、私も沢山助けて頂きました。

そしてLab&Peaceの創立メンバーはそれぞれの事情で全員退団しましたが、
メンバーが変わり今も東京、神奈川を中心にレトリバー種のレスキューを続けて下さり、
本当に有難く、陰ながら応援していきたいと思っています。

ママさんが
”カイルが沢山の友達を引っ張って幸せな犬達が増えますように”
っと友引の日にトライアル、そして正式譲渡を決めて下さった言葉通り、
それから沢山の犬達が幸せになっていきました。

そしてこれからも沢山の犬達が幸せになるよう、心から願います。

カイル、本当にありがとう。
心よりご冥福をお祈りしています。
[PR]
by i13kei | 2017-01-07 02:10 | くろす→カイル | Comments(0)

僕、誰でしょう???
b0207376_178555.jpg

やさしいお顔だね。
b0207376_1792139.jpg

見違えるほど、落ち着いたカイル君、(元くろす)LP第一号君です。
(私首をムギュってしてますね、ゴメンナサイ)
b0207376_17103331.jpg

カイル君が沢山の友を幸せへと引っ張ってくれるように、カイルママさんが考えて下さり、
”友引”の日にトライアルに入り、
”友引”の日に正式譲渡となりました。

以来沢山のワンコが幸せになっています。
本当は、不幸なわんちゃんがいなくなるのが、一番いいのですがね。

地震の日は、カイル君とお兄ちゃん犬のガンプ君、怖がって階段を降りれなくなったそうです。
ママさんが2匹を抱えて、外へ逃げたそうで、火事場のOO力(ゴメンナサイ)ってすごいですね。

カイル君、ゆっくりとした時間の中で、安心して暮らしてますね。
とっても幸せなお顔を見せて頂き、私も幸せです。
本当にありがとうございました。
[PR]
by i13kei | 2011-07-16 01:50 | くろす→カイル | Comments(0)

しばらく近況報告をしないで何をしていたかというと・・・
くろすの家族探ししてました。
詳しくはこちらへ。
http://dogspad.exblog.jp/i5/
そして先日、くろす幸せの赤い糸掴みました!
a0166629_102880.jpg

とても純粋でいい子です。
人間を信じられる子は生き残れるチャンスがあると里親様が言っていました。
人間を信じられない子はそのチャンスさえないと・・・。
a0166629_133511.jpg

ここに写っている犬は皆、保護犬です。
でも、特別でも何でもありません。
ほんとにいい子ばかりです。
a0166629_16568.jpg

保護犬とは、
動物愛護センターに持ち込まれたり(殺す事を前提に飼い主が持ち込む)
路中にさまよっている所を捕獲され
センターに収容されている犬を主にボランティアの方が保護して
新しい飼い主を探している犬の事です。

大体の場合がトライアルといって、保護犬を迎える前にお試し期間があります。
この間に、ボランティアの方にいっぱい相談したり、犬と真剣に向かい合って、
我が家で幸せに出来るかどうか、よくご家族の方と考えてもらいます。
例え、トライアルに失敗しても、それはご縁だと私は思います。
だから、犬が悪い、自分が悪い、そういう事は全くないと思います。

ペットショップで犬を購入した場合、私の知る限りではこのトライアルはありません。
(もし、あったら、ごめんなさい。)
犬を飼い始めたら、元には戻れないのです。
a0166629_117191.jpg

犬の性格は100頭いたら100通りです。
オスだから、メスだから、若いから、年だから、大きい小さい、・・・
そんな事では語れません。
環境が変われば、性格も変わることも多々あります。

ぜひ、保護犬を迎える事を考えてみてもらえませんか?
http://www.satoya-boshu.net/keisai/d.htm
こちらから、
色んな犬が新しい家族を待っています。
[PR]
by i13kei | 2010-11-15 01:22 | くろす→カイル | Comments(0)