100点中2点のムサシ

心が通じ合えたと思っていたのはどうやら私だけのようで、

ムサシ的には、まだまだ。
a0166629_351438.jpg


今日は(も)私が油断していて、訓練から帰宅直後に、
落っことしたレシートを奪われ、
取る時にがっつり親指を咬まれてしまいました。

骨に直撃は流石に痛いです。




先生に、あれだけ失敗を積み重ねないよう言われているのに、
また失敗を積み重ねてしまいました。

≪反省点≫

・100パーセント取られるものが無い状態で室内に出す事、

・例え物が落ちていても拾わせないようにする事、

・例え物を拾われたとしても、拾った事に対して、きちんと叱る事、

・取る時は咬まれないように、手袋等して防御する事、

・取られた物をきちんど直ぐに出させる事、

・咬む事により、物事が自分の思い通りになると思わせない事、

・取られた物が紙やビニールだから大した事は無い、ではなく、どんな物であっても取られる行為が人を傷づける行為と直結するという自覚を持つ事、


・・・・・一日3歩歩いて、2歩下がる。
その貴重な1歩の貯蓄を私の失敗で大幅に下げてしまった、、、。


最近はちょっとイイコになったと思っていたら、先生より、
それは私がただムサシのペースになっているから事故が少なくなってきているだけで、
実際、今のムサシの状態の点数を付けるとしたら、
”100点中2点”
だそうです、、、10点中でないですよ、100点中です、、、滝涙


そんなに酷い状態にも拘らず、私に危機感が足りないのが一番の大問題で、
先生に
”ムサシは犬では無くて、狼だと思って下さい”
と念押しされました。

・・・あの手こずったクインよりも全然酷い状態です。



凹みまくり、帰って家族に話したら、姉が
”そうだよ~私が言った通りじゃん。
クインは犬だけど、ムサシは狼だから!”
っと笑われ、


主人には
”今朝も狼ぽかったよ~お前のさじ加減一つだから”
(つまり先生と言ってる事は同じ)
っと笑われました。


そしてムサシには
”お前がワシの名前呼ぶなんて100年早いんじゃーーー!”
っと言わんばかりに、名前呼ぶだけで怒るし、
撫ぜると大きな溜息つくし・・・。


今日はダメ出しされて、凹んだ一日でした。
明日から一週間頑張るそ!!!
(私は水曜日が休みなので、木曜日から一週間が始まります)



【子豚組のワンコ達】
a0166629_2111040.jpg

★シモン&こげちゃん、大絶賛家族募集中♪
シモンのお預かりブログは こちら
こげちゃんのブログ記事は こちら

★柚希&マックスは只今ケア中ですが、お問合せはお待ちしています♪
柚希のお預かりブログは こちら
マックスのお預かりブログは こちら
[PR]
by i13kei | 2017-02-23 03:12 | ムサシ(AUSバーブ系) | Comments(4)

皆さん、大変お久しぶりです。
ムサシです。
a0166629_1161422.jpg

やっと話せる状態になりましたが、

この3か月間、
ムサシは

よくキレ、
よく咬み、
よく襲ってきました。

a0166629_1145883.jpg

毎日毎日・・・本当によく私は咬まれました。

なのでムサシと接触する時は、

リストバンドと分厚いトレーナーとコート、
分厚い手袋を付けて、

咬まれそうなシチュエーションの時はどうすればいいのか、

そもそもムサシとはどのように過ごしていけばいいのか、

訓練士の先生について、
何回も何回も一つずつ練習を重ねてきました。
(訓練所に出入り禁止になってもおかしくない位なのに、
先生には、本当によくして頂いて感謝しています。)

それ以前に、ムサシの悪い点がさらに悪化しないよう、
私の犬に対する心構えや対応を180度変えました。
a0166629_1151545.jpg

どんな時に咬むのかというと、
酷い時には、
例えば朝、

・リードを付けようとすると咬む、
・歩くと咬む、
・止まると咬む、
・曲がろうとすると咬む、
・走ろうとすると咬む、
・名前を呼ぶと咬む、
・足を拭こうとすると咬む、
・ブラッシングももちろん咬む、
・ハウスに入れようとするとキレて襲ってくる、、、

いやぁ・・・これでは共同生活が成り立ちません。
それ以前に、私にも懐かないし(滝涙)
そもそもムサシは人が飼ってもいい犬なのか、と悩む事もありました。
a0166629_1174882.jpg

どの洋服にも穴が開き、
咬まれた傷が途絶える事は無く、、、

一度咬まれたシチュエーションと同じ事をする時に、
”また噛まれるのではないか”っと
傷跡がうずき、

リードを付ける手が震える事もありました。
a0166629_1281325.jpg

練習を重ねて、ちょっとずつ良くなったと思えば、

キレて襲われ、咬みついたまま離れない事もあり、、、

もうこのままムサシはよくならないのではないかと思い、

悲しくて悲しくて、涙が止まらない時もありました。
a0166629_1441956.jpg

・・・でも、その度に

”ムサシが私を選んだのではなく、私がムサシを選んだのだから!”

と思い直し、
もっと死ぬ気でムサシと向き合おうと思ったのでした。
a0166629_142229.jpg

調度ムサシが来たのが11月で、厚着をして良い時期だったのが幸い?でしたが、
(実際はムサシと格闘するので、寒い冬のはずなのに、もの凄く暑かった(笑))

薄着になるのが怖くて、これ程
”春よ来ないで!!”
っと思った事はありませんでした。
a0166629_1535872.jpg

・・・でも、悲しい事に、
春は直ぐそこまでやって来ようとしています。

・・・・・

・・・・・

・・・・・このままではいけない!!


っと思った私は、3か月目に、穴の開いた分厚いトレーナーやコートを捨てて、
(元からぼろかったですが、苦笑)
自ら春を迎える決心をしたのです。
a0166629_1394078.jpg

・・・そんなある日、気付くと、
ムサシが隣で笑っていました。

あの、洋服のボタンを取って付けたような、
感情の無いムサシの目が笑っていたのです。(滝涙)


3か月を過ぎて、初めてムサシと心が通じ合えたような気がしました。

a0166629_1165746.jpg

(⇈どうやっても写真が逆向きになってしまいました。すみません。)

その後、丸一日咬まれない日があり、油断するとまた咬まれ、
2日、3日と、咬まれない日が来たりしています。


そもそも、何でもムサシの言う通りにしていれば、そんなに咬まれないと思うのですが、
そうではなくて、私のペースで生活するように心掛けています。

でも、気付くと頭の良いムサシのペースになってしまいそうになります。

もちろん、ムサシだけが悪いのでは無くて、私の技量が無い事が一番の原因です。


まだ前途多難で、越えなくてはならない山ばかりですが、

毎日何かに流されて生きている自分と比べて、
好き、嫌い、と自分に正直で、
意思がはっきりしているムサシが大好きです。


何より、私の中で止まってしまった時間を動かしてくれたのは、ムサシですから。


ちなみに、皆さんがご心配していると思う、
ひな⇓や、まさむねには一切逆らわないので、
a0166629_1391579.jpg

私は犬以下のポジションなのね、と余計悲しくなるのでした(滝涙)

長文に最後までお付き合い頂き、有難うございました。<(_ _)>

=================================
【子豚組のワンコ達】
a0166629_2111040.jpg

★シモン&こげちゃん、大絶賛家族募集中♪
シモンのお預かりブログは こちら
こげちゃんのブログ記事は こちら

★柚希&マックスは只今ケア中ですが、お問合せはお待ちしています♪
柚希のお預かりブログは こちら
マックスのお預かりブログは こちら

※募集中のピット風ミックス君、まだどなたからもお声がかかっていません、、、。
a0166629_2343424.jpg

体重26キロ、フィラリア陽性、2歳位、去勢済みの男の子です。
引き続き募集中ですので、ご協力どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by i13kei | 2017-02-21 03:32 | ムサシ(AUSバーブ系) | Comments(0)

約2か月前に募集をしていた大型茶色犬のムサシ。
a0166629_1464519.jpg

富士山の樹海で保護され、その後も色々とあったそうですが、
ご縁があって、父の命日に我が家にやってきました。
a0166629_145244.jpg

ちなみにムサシという名前は閃きで母が付けた名前です。
a0166629_1551910.jpg

なかなか可愛い、っと思って油断していると、、、
a0166629_1523822.jpg

噛みます(-_-;)
a0166629_1525742.jpg

なので今、1からトレーニングしています。
a0166629_1511771.jpg

引っ張りも半端なく、当初は”女性には無理でしょう”っと言われましたが、、、

引っ張るというより、”発射する”という表現が合っているでしょう。(笑)

ロケット発射を連想するような、きっとリードが外れれば、地平線の果てまで行って2度と帰って来ないような、そんなムサシです。

でも、一度はきちんとした訓練を受けていた様子で、教えれば付いて歩く事も出来ます。
a0166629_151696.jpg

ドッグマラソンでも筋肉痛にならなかった私なのに、
ムサシの散歩一回行くだけで筋肉痛になる毎日でした。

それに体中傷だらけ、毎日生傷が絶えず、噛まれれば洋服にも手にも穴が開くし(涙)
突然引っ張られて鉄柱に顔を打って、顔が変形したこともありました。(笑)

当初、犬種はオーストラリアンケルピーとありましたが、ケルピーは中型犬で、
どうもケルピーを大型に改良して出来たオーストラリアンバーブという犬種の血が濃いのかな?っと思っています。

そしてケルピーは一日50キロ走る事もあるそうですが、
バーブはさらにタフに改良された犬種で、
”うん、絶対ムサシなら50キロ以上走るよな、だから樹海に捨てられたんだろうな”
っと思わずにはいられません。
a0166629_1502355.jpg

そんなムサシと格闘しているうちに、
私の中で、7月25日から止まっていた時間が動き出すのを感じて、
ムサシとは家族になる運命だったんだな、と思うようになりました。
a0166629_1485261.jpg

大型犬で問題があって、、、と言われたムサシですが、

ムサシの長所を伸ばして、ムサシが輝ける場所を見つけて、
絶対何かでNo.1を取りたいと思っています。

最初にムサシを保護して下さったSさんはじめ、ご関係者の皆様、
本当に有難うございました。

そのまま保健所に連れて行かれてたら、ムサシは絶対殺処分になっていたと思います。


ムサシと一緒に、必ず何かでナンバーワンを取って、
問題犬でも磨けば光るんだという事を証明したいです。


それまで、応援どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by i13kei | 2016-12-26 03:06 | ムサシ(AUSバーブ系) | Comments(10)