ペコちゃんお見合いしました☆トライアル予定です!

ご報告が大変遅くなりましてすみません。_(._.)_

少し前にレスキューを検討していた黒ラブの女の子ですが、
現地でご希望者様が現れ、無事に譲渡されたそうです。

本当に良かったです・・・!

こうやってペットショップからでなく、
生きていく道が閉ざされた動物達を家族に迎えて下さるお気持ち、
本当に有難く思います。


これからも”保護犬猫を家族に迎える”という事が
当たり前になっていきますように。

そして成犬やシニアの仔、ハンデを持った仔達を家族に迎えるって、
かけがえのない、人生観が180度変わるような、
本当に素晴しい経験になりますよー!!
と声を大にして言いたいです!(*^-^*)

・・・黒ラブちゃんの幸せを願っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前置きが長くなりましたがここからが本文です💦(長文です)

5月末に、レスキューした母犬の黄ラブちゃん。 

レスキュー時の記事は こちら

お預かりのUママさんに”ペコちゃん”という可愛らしい名前を付けて頂きました♪
a0166629_22272205.jpg
実は名前を付ける時に、もう一個、別に候補の名前があって、
どっちがいいか相談を受けたのですが、

前に、名前を付ける時の重要性をメープルママさんから教わった事があって、
”そうなって欲しい”というイメージの名前を付けると、
それに近づいていくそうで、

”ペコちゃん♪” ”ペコちゃん💛”

って呼ぶたびにどんどん可愛くなっていくような気がして、
今回は私の気持ちを汲んで下さってペコちゃん(仮名)になりました♪

Uママさん、有難うございます💛

a0166629_22280576.jpg

ところで、レスキュー後、19日目 ⇈
久しぶりにペコちゃんに会ったのですが、
余りにも綺麗になっていてビックリ!!!

レスキュー時は毛はシルバーになる位栄養失調で、パッサパサ、
毛の量も少なく、地肌のどす黒さと赤くただれているのが目立っていて、
よくこんな状態で子育てまでして生きてきたな、と思った程だったのですが、、、


久しぶりに会ったペコちゃんは、
だれがどう見ても、立派な黄ラブ!というように、
毛の色までイエローに変わって、とっても可愛くなっていました(大涙)


a0166629_22275665.jpg
主治医の先生&かのんぽママさんにご紹介して頂いた、
セカンドオピニオンの先生にも、とっても良くして頂いています。

ここまで来られたのもUママさんと皆さんのおかげです。
本当に有難うございます。

ちなみに ⇈の写真3つが19日目の写真。

⇓の2つの写真はレスキュー直後の写真。


a0166629_23124904.jpg

a0166629_23130911.jpg
全然違うのが分かりますでしょうか?

最初は目も、3割位しか開かず、見えているか不安でしたが、
今は6割位、開いているように思えます。

ただ、目の状態は悪いようで・・・(涙)
ドライアイ、角膜炎、膿、
そしてどうしてなのか、傷があり、黒目に血管が入っていて、
視界的にはサングラスをかけている状態だそうです。

Uママさん、目のケアだけでも、
3種類の点眼薬を一日、右目5回、左目3回も付けて下さっています。(滝涙)


それから皮膚の状態が10段階で一番悪い10、の状態。非常に悪い状態です。

只今、ポパイ君にも効果があった、アポキルの処方と、薬用シャンプーを行いつつ、
抗生物質や、甲状腺のお薬などを飲ませています。

(甲状腺については、検査の結果、甲状腺機能低下症の疑いがありますが、
現段階では状態が非常に悪いので、確定出来る状態ではなく、
お薬を飲んでホルモンの分泌を補っています。)

Uママさん、最初は毎日朝シャンで、本当に大変だったと思います。

そしてその甲斐があり、
象の皮膚みたいに固くて真っ黒な、大きな座りダコから、
(最初は余りにも酷くて、腫瘍だと思われていて、レスキューを断念しなくてはならないかも、という状況でした)
毛が生えてきたのには、本当に衝撃的でした。

犬の生命力って、凄いですね、、、。

こうして、Uママさん、先生、そしてご支援、ご寄付下さっている皆さんのおかげで、出来る限りの医療行為が行えています。
皆さん、本当に有難うございます。(嬉滝涙)


それからシャンプーやお薬、ご寄付のご支援を下さったり、
先日も一緒に病院に行って下さった、かのんぽママさんから病院での写真を頂きました♪  

ご同伴下さったおはぎママさん、クレートやご寄付のご支援有難うございます<m(__)m>

最新 ⇓ のペコちゃんの写真。ますます可愛くなってる~~~(;_:)
a0166629_00264441.jpg

⇊の写真は一緒に付き合ってくれた、かのんちゃん(左奥)、
ポパイくん(手前)、そして右がペコちゃんです。
かのんぽママさん、何から何まで本当に有難うございました!!!(*^-^*)


a0166629_00263682.jpg
お預かりのUママさん、豪雨で大変な中、遠い所有難うございました。
a0166629_00475515.jpg
⇈ 大人しく処置をされているペコちゃん。


ところでそんなペコちゃんですが、とても驚いた事に、
超特急でレイママさん (ブログは こちら)が、
里親様に立候補して下さいました!!!

いやぁ2年位前から2頭目をご検討されていたのは知っていたのですが、
レイママさん、とても慎重な方で石橋を叩いて渡られるような方なのに、
どうして今回はペコちゃんに超特急で挙手???

と、とて~も不思議な気持ちでお見合いをしたのですが、

パパママさんとも、とても優しく、そして強い信念を持った方で、
一時的な感情ではなく、待ちに待った仔がペコちゃんだったんだな、
だから超特急で挙手されたのだな、、、
と胸がジーンと熱くなるような、とても心温まるお見合いとなりました。

それからUママさんも、ペコちゃんが新しいおうちに馴染みやすいよう、
トイレの間隔など様々な工夫をして下さっていて、
え~そこまで考えて預かってくれてたのだと、
とても真似出来ない姿勢に、これまた驚いて有難く思う一日でした。


あとは、先住犬のレイちゃんが受け入れてくれるのを願うばかりです。
体調を見ながら来月避妊手術をする予定で、その後トライアルへと進みます。

ペコちゃん、今まで自分の為に生きてきたことなんて、無かったと思います。
これからは今までの分もいっぱい、いっぱい幸せになって欲しいです。


順番が遅くなりましたが、
ラブキャバママさん、Yukoさん、こてつママさん、幸一ママさん、かのんぽママさん、
ペコちゃんにご支援の品々有難うございました。<m(__)m>


a0166629_22510888.jpg
a0166629_22511577.jpg
a0166629_22512265.jpg



a0166629_22455290.jpg
a0166629_22454686.jpg

a0166629_22374569.jpg

a0166629_22342804.jpg
(ペコちゃんだけでなく、他の子達にも沢山の方からご支援頂いております。
本当に有難うございます。)



a0166629_22463773.jpg
それから長くなってしまい、すみませんが、
Uママさんのおうちのネコちゃんとのショットをご紹介させて下さい。

ペコちゃん、最初は何もかもやる気なし。何もかもに無反応で、
全ての事に受動的だったそうですが、下の写真では
ペコちゃんも舌を出して良い顔してますよね。
a0166629_22463117.jpg
最初はお散歩も出来る状態ではなくて、お庭でおトイレしていたそうですが、
Uママさんと、夜中のなるべく車と人通りのない時間に、少~し外を歩き、
1分程家の前の路地を進んでは戻りを繰り返し、
徐々に距離も伸びているそうです。

ペコちゃん、避妊手術&トライアルまでもう少し。
引き続き応援どうぞ宜しくお願いします。(*^-^*)

=============================
ペコちゃんに続け!!!
家族を待っているワンコ&ネコちゃん達。
a0166629_01160970.jpg
☆このはも里親様募集していきます。後日プロフィールアップしますが気になる方いらっしゃいましたらお問合せ下さい。

マックス、柚希、ベル、のぞみ、ひかり、
とっても可愛くて良い仔ばかりですよーーー♪

皆大きな幸せ掴みますように!!!











[PR]
Commented by かのんぽママ at 2017-06-28 10:15 x
ペコちゃん、ペコちゃん❤️どんどん可愛くなってこれからゆっくり過ごしてね。
バカがつくくらい親身になって長い時間、診察してくれたH先生、他の患犬、猫も待っているのに
最後はペコちゃんをぎゅっと抱きしめてくれて、楽しく生きるんだぞーって
ありがとうございます。

今日はお母様の手術ですね。無事に終わるようにずっと祈っています。
Commented by kaychann1960 at 2017-06-28 10:47
ペコちゃん
どんどんステキになっていくね
立つこともなく何度も子供を取られていたんでしょうね
我が家にいるクリちゃんの子供たちはもう2歳になっているのにまだ母と子です。
そういうのを見ていると、生まれてすぐに子供を取られる辛い経験を何度も何度もさせられておまけに皮膚炎だらけで、肉体的にも精神的にも過酷でしたね。
こんなことを平気でやる人も、生まれた時は純粋な赤ちゃんだったけれど生きてきた環境でそんなふうに育ってしまうんですね。心の教育というものは、本当に大切だと思います。
Commented by i13kei at 2017-06-30 01:45
かのんぽママさん

またまたご同伴頂いた上に、おはぎままさんとご一緒にご寄付まで頂いて
医療代もご負担して下さったとお聞きしました。(滝涙)
いつもいつも有難うございます、、、、、<m(__)m>

先生、本当によく診て下さって、お仕事そっちのけで(苦笑)
ぎゅっとして下さって、ペコちゃんにとっても、先生の温かいお気持ちとお手当て、
一生忘れられない、思い出となると思います。

おかげ様で母の手術も無事に終わりました。
祈って下さって、本当に有難うございました。

13時間にも及ぶ手術に臆する事なく挑んだ母の姿を見習いたいな、と思います。(*^-^*)
Commented by i13kei at 2017-06-30 01:56
隊長さん

私もそう思います。
この元飼育者は、どこでどうして心を亡くしてしまったのでしょうね。

自分もですが、大人になっていくと、動物の命をいつの間にか軽く見てしまいがちです。

仰る通り、心の教育はとってもとっても、何よりも大切です。

自分が今、無職で社会的弱者となって、猶更そう思います。


by i13kei | 2017-06-28 01:34 | ペコ(イエローラブ) | Comments(4)