ビーグルの多頭飼育崩壊・里親さん募集しています

(1月30日 追記)

皆様沢山のシェア、拡散ありがとうございます。
ビーグルの詳細については、ちばわんさんの ちばわん愛護センター・レポート に最新情報が随時アップされていますので、そちらをご確認下さい。
また、フェイスブックのCACIさんで動画もご覧頂けます。

皆が笑ってセンターから出られる日が来ますように。


また、この犬達以外にも全国には沢山の保護犬猫達が新しい家族を待っています。
そして誰の目にも留まらず殺処分されていく犬猫達が毎日700頭、収容犬猫の8割をしめます。(2012年度)
その一方で一日1600頭の犬猫達が販売されています。
どう考えてもおかしな現象ですよね。


収容犬の中でも特にミックスの大型の成犬、シニア、病気の犬は引き取り先がなく殺処分される事がとても多いのです。

飼ってみるとよく分かりますが、素人が純血種を飼おうがミックスを飼おうが大差ないです。
それよりも飼い主のレベルアップのほうがはるかに重要です。

それに成犬だからってしつけが出来ない、なんて事はありません。
諦めない限り、いくつになってもしつけは出来ます。

シニアの仔も、今までの犬生を想像しただけでも、とても愛おしく思えるものです。
誰だって、年も取るし、病気にもなりますから。


どうかペットショップからでなく、殺処分の迫っているセンターの動物や、
保護犬猫達に目を向けて下さい。

保護犬を飼う経験が無く、一人で決めるには不安があるのでしたら、
犬の飼育経験が豊富な方や、職員さんやボランティアさんにどんどん相談してみて下さい。

しつけに不安がある人は、呼んだら直ぐにくるような活発な犬よりも、
一番最後にのこのこ着いてくるような犬がお勧めです。


ペットショップで買うのが当たり前と思っている人は、
親犬猫達はいったどんな生活をしているのか
繁殖の為だけに使われている犬猫達の事を想像してみて下さい。
ご自身が知らぬ間に不幸な犬猫を増やす加害者になっていませんか?


それから、ご自身が飼えなくなった時、誰も貰い手がなかった時は、
ご自身の手で安楽死させるのも愛だと思います。

収容所での殺処分は決して安楽死ではありません。
他人に自分の勝手の後始末をさせるなんて最低です。


人間の身勝手な行動により、不幸になる動物達がこれ以上増えないよう願っています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

千葉県でビーグルの多頭飼育崩壊が起きました。
保護団体CACIさん、ちばわんさんで里親さん募集しています。
くれぐれもセンターに直接連絡するのは、業務の妨げになりますので、ご遠慮下さい。

以下文章はCACIさんのフェイスブックの文章を転載させて頂きます。
お写真はちばわんさんからお借りしました。 こちら の記事のかなり下のほうにアップされています。
また、最新情報は随時更新されると思いますのでご確認下さい。
a0166629_2414274.png

a0166629_242819.jpg

里親希望の方は各団体さんへご連絡お願いします。
こちらのビーグル達も、他の収容犬達も皆助かりますように、、、!!

以下CACIさんのFBより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

千葉県動物愛護センターに
ビーグル犬が20頭以上収容されました。
※千葉県動物愛護センターへの
 直接のご連絡はしないでください。
 お願いいたします。


今日は、ちばわんさんもいらして
吉田副代表が経緯を教えてくれました。
年老いている子が多そうに見えました。

一番小さい子で、ジャックラッセルほど。
大きな子は半分以下。

小さいサイズのビーグルちゃんで
メスがとても多かったです。

どの子もお産経験があります。
ほかにもいたそうですが、
残念ながら殺処分になってしまったそうです。

この子達は、登録団体に向け
協力要請をお願いするとのこと。
まずはリストを作ってくださるそうです。

どの子もいいこでした。
年齢も問いません、どの子でも
引き受けます!という里親様
いらっしゃいませんか?
ご連絡をいただく場合、FBのメッセージから
お願いいたします。

当会では、預かり先は募集せず
直接、里親になってくださる方からの
ご連絡のみ、お願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここまで

このビーグルだけでなく、沢山の犬猫達がセンターには収容されています。
ペットを飼われる方、どうかペットショップからでなく、こういった行き場の無い犬猫達を家族として迎え入れて下さい。
そして避妊去勢をする事で不幸な犬猫達は減らす事が出来ます。


また、多頭飼育崩壊は全国各地で起きています。
こんなに頭数が増えると個人では対応しきれません。
ご近所で不自然な飼育をされているご家庭がありましたら、どうか行政にご連絡をお願いします。


私事ですが、とても親しい方が多頭飼育をしていて、色々ありまして、
最後には火事になり全焼、その方も焼死し、ほぼ私一人でその後片付けをした経験があります。

充分なケアが出来ないほどの多頭飼育を辞めさせるにはプロの手が必要です。
多頭飼育をされている人は、どこかで救いの手を待っていると思います。
人も動物も悲劇とならないように、、、地域のサポートでこういった事が無くなるよう願っています。
[PR]
by i13kei | 2015-01-28 03:17 | レスキュー | Comments(0)